ビデオ#1:競争しない経営~「差異のある経営」

もっと良いサービスをもっと高い(またはより安い)価格で
もっと広告で世の中に広めて客様に気持ちよく喜んでもらいたい。

ビデオ#2のPDF
ビデオ#3のPDF
ビデオ#1は今見ているこちら
ビデオ#2はこちらから
ビデオ#3はこちらから

 

いつも差別化の競争に巻き込まれている?価格競争・実質の値下げのサービス付加。勝ち残る・生き残るためにインターネットを駆使したり、ソーシャルメディアをなんとか攻略しないと・・・もしもそういうことを考えている?同じ「商品・サービス」なのに、値下げなど要求されず納期に煽られずに自分のペースで仕事ができ、しかもお客さんからも尊重される。高価格・高粗利・販売量はコントロール下できてライバルが全く関係ないビジネス・・・。そういうものに興味がありますよね?いますぐ動画を見てみて下さい。

無料情報について

 

 

あなたの些細な悩みが、減る、ではなく完全に消える

 

もっと高い価格で売れたらいいのになぁ。同業者よりもうちを選んで欲しいなぁ。

もっと良いサービスをして喜んでもらおう。もっと広告を勉強して、同業者よりもうちを知ってもらおう。

技術や知識も最新で最高のものを提供しようと思う。お客様に気持ちよくサービスを受けてもらえれば自分もうれしいんだよなぁ。

 

それで、うちも儲かって、スタッフも喜んで、永く商売を続けられたら最高だよなあ。

 

勉強熱心なあなたはこういう色々な課題をひとつずつ解決しようと

ビジネス書をみたり実践したり経営者として忙しいと思います。

 

この動画のテーマは《 差別化経営 vs 差異のある経営 》 です。

 

ビデオを見るとわかるように、 だれもが「差別化」によって意識的・無意識的、

いずれにせよ、ビジネスの動向が左右されています。

 

まずはビデオを見てください。

win-winになるためには 「差別化」ではなく「差異のある経営」・・・差異づくりです。

 

「差異」こそが、ビジネスを永続させます。

 

あなたがアラファ(起業5年生)で例えば35歳とか40歳ならあと20年~30年は続く事業家人生ですよね?

 

今こそ「経営」をしっかりと身につけ、 それが「差異のある経営」に基づいて経営することこそが

事業家としてのもちろんプライベートも実り豊かにするはず。

 

ビデオは何回でも見られますので 何回でも復習してみてくださいね。

 

また同時に、ビデオ下のコメント欄に感想と質問をお願いします。

この後のビデオ内でお答えしていきます。

 

#1 1人1億稼ぐ 21日間メール講座

”もっと”成長するためにあなたのポテンシャルを最大限に引き出す

 

このメールを登録すると・・・

  • なんて、今のビジネスに無駄が多いのか、と気づけます。
  • 最少人数で、利益最大・経費最小にしていく方法がわかります。
  • 知らないと損することばかりだということに気が付きます。
  • 高効率の経営になれます。
  • 今月の売上を倍増させる企画ビデオ
  • 今いるところから高効率でライバルがいなくなり儲かる、自分のコアでビジネスをする方法
  • 節税の考え方など小規模事業主が知らないと損する話

のビデオの解説とあわせてURLを送りますので今すぐ手に入れておいて下さい。

以下にお名前とメールアドレスを入れて頂くと、即返信メールが届きます。

 

 


#1 1人1億稼ぐ 21日間メール講座

*は入力必須です。

氏名* 姓: 名:
メールアドレス*










※ (株)サポ-トプロで配信するメールマガジンに登録させて頂きますのでご了承の上、ご登録下さい。
   解除は配信するメルマガ本文から1クリックで即解除できます。

※※ もちろん、あなたのメールアドレスは第三者に提供されることはありません。
  スパムメールを送ることもありません。頂いた情報は、弊社プライバシーポリシーの元、大切に取り扱います。

4 comments on “ビデオ#1:競争しない経営~「差異のある経営」

  1. 西田さんへ

    アラファーのわたしではありませんが、今必死にビジネスのスタートを切った時期なので、とても関心をもって拝見いたしました。
    知らず知らずにラットレースにどっぷり漬かり始めている自分に
    気が付けた事だけでも価値がありました。ありがとうございました!

  2. 極めつけは、売りたいだけ売れるということ。
    通常、売れたとしてもどうして売れたのかを、分析できないんだと
    思います。
    「売りたいだけ売れる」とまで言い切れることがすごいです。

    唸ってしまいます。

  3. ビデオを拝見いたしました。

    ラットレースに巻き込まれて、青色吐息、ふと隣を見れば、
    青い芝生。
    「あいつ、儲かってそう?だなぁ。ちくしょう」
    「ちょっと、マネしてみようか??」

    ちょうど、差別化している人間には、差異のある経営者は
    まさに隣の青い芝生なんではないか、と。

    差別化と差異は、見えている部分は基本、違いは無い
    ように感じました。でも、差別化は何か、軸が無い、
    というか。

    差異は逆に、見えていない何か、があって、
    別の「装置?」を通り抜けて出てくるから、マネされ
    ないし。この「装置?」自体をマネしない限りは、マネ
    しようが無い。

    表面ヅラは変わらないのに、差異を産み出す、その「何か」
    にとても興味が沸きます。

  4. 西田さん、

    こんにちは、お久し振りです。

    お元気でいらっしゃいましたか。

    配信されるメールマガジン、いつも拝見しております。

    差異のある経営、これはわたしが目指して来たというよりも、
    わたしがいつも、競争の中にあって住んで来た世界だということに
    このごろおもいいたりました。

    経営者としてはまだまだひよっこですが、精進したいと思います。

    動画を拝見して、ひとこと、それはuniquenessを大切にすることだと
    理解しました。

    これからのビデオを楽しみにして、そのuniquenessをどうやってステップ化
    するのか学びたいと思います。

    今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部に